予防歯科

「歯石除去」や「歯のクリーニング」をお受けになってみませんか

定期的なメンテナンス_予防歯科で虫歯や歯周病を防ぎましょう

歯と歯のあいだや下の前歯のうらがわなど磨きにくいところには、歯石がいつのまにか溜まっています。
その歯石のなかでは無数の細菌が活動しており、歯周病の原因となっています。
またヤニや茶シブなどの色素沈着も放置しておくと、見た目がわるいだけでなく歯の表面がザラザラして歯垢がつきやすくなってしまいます。
それゆえ歯石や色素沈着には定期的な除去が必要です。
さらに歯石を取ったあとは、清潔な口腔状態を継続して保つことが重要です。

松波歯科医院ではひとり一人の歯石や歯垢のつき方、歯肉の状態、歯並びの特徴などをふまえ、適切な歯磨きの方法の説明や清掃道具の紹介もしています。
歯周病の予防には、歯科医院による歯石除去などの『プロフェッショナル・ケア』とご自身による歯磨きなどの『セルフ・ケア』の両方が必要なのです。

歯石を取った経験がなかったり、慣れていない場合はつい構えてしまうかもしれません。でも安心してください。専門の歯科医と歯科衛生士がていねいにやさしく行います。他の治療とは違い、終わった後「すっきりして気持ちがよかった」との感想を残してお帰りになる方も多くいらっしゃいます。
最近よく耳にする「ホワイトニング」にも歯石除去は有効です。
「ホワイトニング」はいきなり薬品で歯を白くするだけでよいのでしょうか。
まずしっかりと歯の汚れを取り、そして、必要なむし歯の治療を行い、歯をいい状態にしたうえで「ホワイトニング」をするのが理想的な順番だと当歯科医院は考えます。

PMTCの流れ(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)

PMTCの効果は?

PMTCでお口すっきり! 虫歯・歯周病予防にもなります

定期的にPMTCを受けると歯周病が減ります。
定期的にPMTCを受けている人とそうでない人とでは、歯周病にかかる割合が約3~4倍違うという研究が発表されています。
PMTCを行なうことで、むし歯、歯周病予防になります。

PMTCの流れ・効果 ~体験してみませんか?プロによる歯みがき~

PMTCの流れ1

1.歯や歯肉の状態をチェック
歯垢や歯石の付き具合、歯ぐきの状態などをチェックします。その方の状態にあった道具や研磨粒子などを選びます。染め出しなども場合に応じて行ないます。

PMTCの流れ2

2.歯と歯の間をきれいに
研磨剤と円錐形のゴムチップで歯と歯のあいだを磨いていきます。歯肉のマッサージ効果も期待できます。

PMTCの流れ3

3.歯と歯肉の間、歯の表面をきれいに
歯の表面のでこぼこをなくすため、ゴムのカップ状の器具で磨きます。研磨剤は、粒子の粗いものから使い細かくしていきます。

PMTCの流れ4

4.研磨剤の洗浄、フッ素ジェルの塗布
研磨剤を落とした後、知覚過敏やむし歯予防のためにフッ素を塗ります。
PMTCの効果 定期的にPMTCを受けると歯周病が減る。 定期的にPMTCを受けている人とそうでない人とでは、歯周病にかかる割合が約3~4倍違うという研究が発表されています。

歯科医院でのフッ素塗布 ~歯を硬く強くする~

フッ素は、歯を硬く強くし、虫歯になりにくくするためのお薬です。
フッ素を歯の表面に塗ります。フッ素は定期的(年に3~4回)に塗布することが有効です。
当院では、定期的なフッ素塗布を推奨しております。
歯科医院で使うフッ素は、安全量ですので、安心してお使い頂けます。
特に、歯が生えて間もないお子様はむし歯予防に非常に効果的です。
歯磨きとお薬の力を合わせて行くことで、より虫歯になりづらい環境をつくっていきます。

歯みがき剤もフッ素入りのものを選ぼう

歯みがき剤も、フッ素の入っているものを選ぶことで、日ごろからの歯質強化につながります。当院でも、歯科医院専売の歯みがき剤をいくつか扱っております。お帰りの際、ご相談ください。