一般歯科

MI治療 ~削る量を最小限におさえる~

MI治療 ~削る量を最小限におさえる~

むし歯治療というと、イメージするのはドリルの嫌な音やきれいに磨かれた銀歯という方も少なくはないのではないでしょうか。
材料の発展により、このような古めかしいイメージのむし歯治療は、その考え方を大きく方向転換しています。現代のむし歯治療には、MI(Minimal Intervention=削る量を最小限に抑える)という大原則があります。

むし歯の部分のみを削る

お口の中に金属のつめ物をされている人は少なくないのではないでしょうか。このような金属のつめ物での治療は、歯との接着力が弱かったため、歯を削る際、つめ物がとれにくい形にする工夫が必要でした。その結果、むし歯以外の健全な部分まで削らざるをえないのがこれまでの治療でした。
しかし、歯質を過剰に削ることは、歯の将来にとって良いことではありません。現在、つめ物の接着性の向上から、ムダに健全な部分を削る必要はなくなりました。
むし歯の部分のみを削り、詰めるということが可能になったため、より歯にやさしい治療ができるようになりました。

再石灰化

むし歯も程度によっては、再石灰化し自然に治ることが言われるようになりました。
初期むし歯は、あえて削ることなく、ブラッシングやフッ化物の塗布などを行ないながら、経過を見ていきます。

ダイアグノデント ~見えないむし歯も見逃さない~

ダイアグノデントってなに

ダイアグノデントは正確な診断をします

ダイアグノデントは、判断が困難な、あるいは、発見が不可能な位置にあるむし歯を早期の段階で発見できる道具です。
英語で、“診断”をダイアグノーシスと言います。人の目では、診断が難しい小さなむし歯、奥に存在するむし歯も、ダイアグノデントの活用で発見できます。
自分の歯を失わないようにするには、むし歯を早い段階で発見して、すこしでも歯質や歯髄(神経)を保存することが大事です。
小さなむし歯、見えないむし歯も見逃さず、歯の命を長持ちさせる。ダイアグノデントは、理想の“診断”を実現させます。

歯周病の進行過程

pe002